愛犬の目やにや涙やけの原因と考えらえる病気、お手入れ方法

澄んだ黒い瞳。
犬が飼い主に向ける愛くるしい眼差しに、癒されることも多いでしょう。

でも、そこに“目ヤニ”や“涙やけ”などが生じていたら「病気かな?」と心配になりますね。

ここでは“目ヤニ”“涙やけ”の原因と、これらが病気のサインとなるケースについて詳しく解説します。併せて、予防法や日頃のケアの仕方についても紹介します。

目ヤニ

目ヤニは体が目を守ろうとする防御システムの1つです。

主成分はムチンというたんぱく質で、結膜や角膜から分泌される粘性のある物質です。
これが目の老廃物や異物を、まばたきによって涙と共に洗い流しています。
人でも頻繁に分泌されますね。

しかし、直立歩行の人間と違って、犬の目は地面に近いですね。
このため、目にホコリ、細菌などの異物が入りやすく、結果的に目ヤニも多くなる傾向にあります。

こうして分泌される目ヤニは、侵入した異物によって色・粘性などが変わります。
ですので、目ヤニを見れば異物に問題があるかの指標になるのです。

特に判別が容易な“色”に着目して判断する方法を紹介しましょう。

問題のある目ヤニ(黄色・緑色)

目が細菌やウイルスが感染したとき、あるいは、ゴミなどで傷がついて炎症を起こしたときなどに、黄色や緑色の目ヤニが出ます。

これは、防御作用によって患部に集まった白血球などの細胞や組織が、目を守ろうとして崩壊したり、感染した細菌などの一部が混ざったりしたもの(膿)です。
この膿が通常の目ヤニに混じるため、黄色や緑色を呈しています。

炎症が酷いほど目ヤニの量が増え、緑色を帯びてきます。
すぐに獣医師に診てもらいましょう。

その際、目ヤニも獣医師に診てもらった方が良いので、受診前に拭き取らないようにしましょう。

なお、細菌などの感染症による目ヤニの場合は、他の犬にうつす可能性があります。
接触などに注意して、他の犬にうつさないように気をつけましょう。

あまり問題にならない目ヤニ(白・灰色・茶色・黒)

白や灰色は、正常な新陳代謝による目ヤニの色です。
目ヤニや涙の成分には脂質やたんぱく質が混じっているため、基本的に白っぽい色になるんですね。

これに少量のホコリ・ゴミ・汚れなどが混じると、灰色や茶色、黒っぽい色になります。
目に異物が入ったことに変わりはありませんが、自浄作用によって目ヤニとして排出されたわけですから、心配はありません。

これらの目ヤニは乾いて固くなっている場合も見られます。
気づいたら優しく取り除いてあげましょう。

ただし、量が多い場合は病気が隠れている可能性があります。
体調をよく観察し、獣医師の診断を受けるのが良いでしょう。

考えられる病気

目ヤニの色が黄色や緑色だったり、量が多かったりするときは病気の可能性が考えられます。

目ヤニは目の疾患で生じることが多いですが、中には目以外が原因となっていることもありますので、併せて全身状態も観察しておきましょう。

結膜炎

細菌・ウイルス・寄生虫などの感染、アレルギー、ゴミや逆さまつ毛などの異物により結膜に炎症が起きた状態です。
目に痒みや痛みが生じ、犬が気にして前足などでこすったりすると悪化します。

症状として、結膜の充血や腫れ、目ヤニや流涙(涙を流すこと)が見られます。
悪化する前に早めに受診しましょう。

治療は炎症を抑える点眼薬を中心に、眼軟膏などを投与する方法が一般的ですが、原因が細菌や寄生虫などの場合は、抗生剤や駆除剤を用いて原因を取り除くことも並行して行われます。

なお、目の大きい犬種は結膜炎になりやすいと言われています。
シーズー、シュナウザー、ダックスフンド、チワワ、パグ、ブルドック、ペキニーズなどは発症しやすいので注意しましょう。

ブドウ膜炎

ブドウ膜とは、眼球に存在する血管に富んだ組織の総称ですが、ここに炎症が生じることをブドウ膜炎といいます。

原因は主に細菌やウイルスによる感染ですが、アレルギーも1つの要因として考えられています。

初期では他の病気との識別できないことも多いのですが、症状としては白目の充血、水っぽい多量の目ヤニ、まばたきが多いなどが見られます。
また、目を細めるといった行動が見られることもあります。

ぶどう膜炎の原因や重症度によって治療法が異なりますが、主として炎症を抑えるためのステロイド点眼薬と、瞳の茶色い部分(虹彩)と黒い部分(水晶体)が癒着するのを防止する散瞳薬点眼剤が処方されます。
目ヤニが多いときは、抗生剤入りの点眼液なども併用します。

ジステンパー

目の病気ではありませんが、目ヤニの症状があります。

犬ジステンパーウイルスに感染することで発症します。
感染している犬の目ヤニや鼻水、唾液、尿、便などに接触したり、空中に飛散したウイルスを吸いこんだりして感染します。

ワクチンを接種していれば感染しても軽く済みますが、摂取前の子犬や免疫が落ちている病気や老犬に多く見られます。

症状として、目ヤニのほかに鼻水、40℃前後の発熱、食欲不振などがあり、やがて咳やくしゃみ、嘔吐・下痢などが現れます。

ウイルスが神経に達すると“脳脊髄炎”を起こし、麻痺やけいれんなどの神経症状が見られることもあります。

残念ながら、治療法が確立していないので、ワクチン接種による予防が一番です。
適切な時期に必要な回数をきちんと摂取しておきましょう。

もし、感染した場合は、症状を緩和する点滴や抗生剤、抗けいれん剤などによる対症療法がおこなわれます。

2.涙やけ

犬の目で、目ヤニと並んで気になるのが“涙やけ”ですね。

目につきやすい上に、毛色の薄い犬だと余計に目立つものです。
また、涙やけは人の目元にできる“クマ”を連想させるため、犬も疲れているような印象を与えます。

しかし、見た目の問題だけではありません。
涙やけには問題が隠れていることもあるのです。
また、涙やけによって結膜炎や皮膚湿疹を併発することもあります。正しいケアも必要ですね。

症状

涙やけとは、目の下側の毛が茶色くなったものです。
目から溢れた涙で生じ、それによって皮膚がただれ、皮膚炎を起こすこともあります。

涙やけ自体の自覚症状はありませんが、皮膚炎を起こせば痒みや痛みなども感じますので、早めのケアが必要です。

プードル、チワワ、シ―ズ―、ダックスフンド、ポメラニアン、パピヨン、マルチーズなど、目が大きく顔が短い小型犬に多くみられる症状です。

原因

涙やけの原因は、目から溢れ出た“涙”です。

涙の98%は水分で、たんぱく質・リン酸塩などを含んだ弱アルカリ性の液体です。
たんぱく質には紫外線で化学反応を起こして褐変する性質があり、これが涙やけの色の原因になっています。

本来、涙は目じり側から分泌されて目頭に向かって流れ、目頭側にある“涙小管”を通り、鼻涙管を流れて鼻へと排出されています。

でも、この涙が鼻へと流れるルートのどこかが詰まったり細くなったりしていると、涙が目から溢れ、涙やけの原因となってしまうのです。

また、涙の流れに問題がなくても、分泌量が多ければ排出しきれずに溢れてしまいますね。

犬は「悲しくて涙を流す」ことはできませんから、涙の量が多いなら“その原因”があるはずです。

まず考えられるのは、目の異常です。
ゴミやホコリ、逆さまつ毛などで傷ついていると涙は多く分泌されます。
結膜炎を起こしていないか、見てみましょう。

さらに、アレルギーも一因として挙げられます。
花粉症やハウスダストなどのアレルギーは涙が多くなります。

また、涙やけを悪化させる原因として、食物アレルギーとの関連性が疑われています。

食物アレルギーによって、たんぱく質の消化がうまくできないと、涙のたんぱく質含有量が高くなり、着色しやすくなると言われています。
アレルギーを発症していなくても、肉食性の犬が消化しにくい植物性たんぱく質が多いフードを食べていると、涙やけを起こしやすいと言われます。

同様に、運動不足や排尿障害などによって新陳代謝が悪くなっていると、排出されるべきたんぱく質が涙中に増えたり、水分の減少によって濃度が上がったりするために、悪化の原因になると考えられています。

涙やけは複数の原因が絡んで起きたり、悪化したりするので、日頃の食生活や運動を含めて注意しておくことが大切です。

対策

気づいたらできてしまっている“涙やけ”。
ここでは、生じてしまった涙やけのケアについて説明しましょう。

拭き取る

涙やけの茶色くなった部分を拭き取る方法です。
安全性が高く、手間もかからないのでおすすめです。

拭きとるときはこすらずに、毛についた汚れをふやかしながら、抑えるように優しく落としましょう。

拭き取り剤は色々ありますが、なかでも安全性の高いものを紹介しましょう。

1.ホウ酸水

ホウ酸はドラッグストアなどで入手できる弱酸性の薬品です。
眼科でも目薬の成分や洗浄剤として用いられています。

昆虫に対しては毒性が高く、駆虫剤として用いられますが、動物にはほぼ無害です。
しかし、大量に摂取すると消化器系に異常をきたすので、保管場所には注意しましょう。

ホウ酸水は自宅でも簡単に作成でき、安価なので、頻繁に涙やけをおこす犬には最適です。
作り方は次の通りです。

【2%ホウ酸水の作り方】
・ 薬局方ホウ酸 3g 
・ 精製水 150ml
精製水(ドラッグストアなどで購入)を60度くらいに温め、ホウ酸3gを完全に溶かせば完成です。清潔な 密閉容器にいれて冷蔵保管すれば、2週間使えます。
必ず2%以下の濃度になるように調整してください。

2.涙やけ専用クリーナー

「スプレータイプ」「シートタイプ」「リキッドタイプ」などの種類が販売されています。
主な成分はアルコールとホウ酸で、これにハーブや緑茶のエキスなどが含まれることもあります。

ただし、完全にきれいに拭き取ることは難しいでしょう。
初期の涙やけなら手軽で安全な上、効果も出やすいと思いますよ。

3.その他

他にも拭き取り剤として、オキシドール(過酸化水素水)による漂白作用、重曹による乳化作用を利用する方法があります。

しかし、目は非常にデリケートなので、万が一、目に入った場合や皮膚への影響を考えるとあまりお勧めできません。
犬をしっかり安定させたり、頭を固定したりなどの扱いに慣れていないなら、ホウ酸水や専用クリーナーを利用した方が良いでしょう。

カットする

涙やけで茶色く染まった部分を元に戻すのは、意外と難しいものです。
完全に取り除くには、毛をカットするのが一番でしょう。

クシを使って目ヤニや毛のほつれを取り除き、目に十分に注意してカットします。

しかし、慣れないと目を傷つけてしまう可能性があります。
信頼できるトリマーに依頼するのが良いでしょう。

治療

家庭でのケアで涙やけを落とすことはできても、涙が溢れる原因を取り除かなければ、涙やけは繰り返し生じます。

獣医師に相談して、どこに原因があるのか診断してもらい、治療を開始しましょう。

鼻涙管洗浄

涙の排泄ルートに異常が考えられる場合は、初めに「フローレステスト」を行います。
これは、専用の染色液を眼に垂らして、これが鼻の穴から出てくるまでの時間や量で鼻涙管に狭窄や詰まりがないかを判断するものです。

異常が見られたら、全身麻酔して鼻涙管洗浄を行います。
細く柔らかいチューブを鼻涙管に挿し込み、水圧をかけて詰まりを取り除く方法です。

治療は5分程で終わりますが、費用は検査・麻酔・処置料込みで20,000~30,000円ほどかかるようです。
また、数か月後に再発するケースも見られます。

目の異常

ゴミなどの異物による場合は、まず精製水などで目を洗浄します。
結膜炎を起こしているなら動物病院を受診し、抗炎症剤や抗生剤などを処方してもらいます。

逆さまつ毛が眼を刺激している場合は抜いてしまうのが一般的ですが、生えてきたまつ毛も逆さまつ毛になることが多いので、その度に抜かなくてはなりません。
費用は診察・処置料などを含めて3000円前後が多いようです。

このように、目ヤニも涙やけも健康のバロメーターといえますね。
日頃から清潔を保ち、変化に気をつけてケアしてあげましょう。